So-net無料ブログ作成

犬の自傷行為 - 貫太の心の闇 - [貫太のこと。]

本日もご訪問ありがとうございます。

昨日は私の愚痴と言うか、泣き言を優しく受け止めてくださりありがとうございました。

おかげさまで気持ちがすっと楽になり、またボランティアを頑張ろう♪という気持ちになりました。

 

さて、

3月11日の大震災によって東日本に押し寄せた津波は、福島の原発事故を招きました。

そして多くの犬や猫たちも被災したのです。

突然飼い主と離れ離れになった犬や猫たち… 立ち入り制限区域内をあてもなくさまよっていたと思われます。

一部のコたちは愛護団体によって保護されました。(貫太の場合UKC JAPAN

貫太もその中の1匹。

そして10月の末、我が家にやってきたのです。

7日ブログ1.jpg 

柴犬のオス。推定年齢2、3歳。元気で、明るく、甘えん坊。

「待て」や「おすわり」が全くできない、天真爛漫なコです。

きっと福島でのびのび飼われていたのでしょう。

人も犬も大好き 

こうやって外を通るワンコを眺めています。

7日ブログ2.jpg 

撫でてやると嬉しそうな顔をして、体を密着させて甘えてくる。

7日ブログ3.jpg 

何でもオモチャにしてしまう、まだまだ幼い面ももっています。

7日ブログ4.jpg 

そんな可愛い貫太ですが…

気になる行動が一つだけ。

それは我が家に来て数日後から見られたのですが、

例えば遊んで欲しいのに遊んでもらえない、中に入りたいのに入れてもらえない、ケージでのんびりしているところに家族以外の人が手を入れるなど、ちょっとしたストレスがかかると普段見せない怖い顔つきになり、「ぎゃお〜ん!」と変な声を出し、自分の手足やしっぽを噛もうとするのです。

犬の自傷行為だと思われます。

ただ、自傷行為と言っても本当にガブッと噛むわけではなく、すんでのところで噛むのを止めているので実際に体が傷つくことはありません。

私は貫太の心と行動の変化を記録しておこうと動画に撮っていました。

今回そんな貫太の姿をご紹介します。

かなり長い動画なので、お時間があれば見てやってください。

 

貫太は優しいコです。 

7日ブログ5.jpg 

子犬の頃カナブンを半殺しにして遊んだミッチーと違い、庭にいるコオロギやバッタを傷つける事はしません。 

7日ブログ6.jpg 

カッパを着せるとき、シャンプーするとき、足を拭くときなど、夫や私に歯を剥いたことは一度もありません。 

7日ブログ7.jpg 

他の犬に吠えられても吠え返す事はなく、 

7日ブログ8.jpg 

ちょっとビビリだけど素直なコです。 

7日ブログ9.jpg 

私が貫太の存在に気づいたのはボランティアを始めて2日目。

多くの犬が「散歩!散歩!」とケージの中で大騒ぎする中、貫太は伏せの姿勢のままじっと黙っていました。

“世捨て犬”と私は密かに呼んでいましたが、「じたばたしたって仕方ない…どうせボクはまだ行けないんでしょ」と言いたげだったのです。

若い貫太にとって1日の大半(と言うか、1日15分程度の散歩以外はずっと)を狭いケージで過ごすのはかなりの苦痛だったと思います。

なぜ自分はこんな所にいるのか、大好きな飼い主はどこへ行ったのか、いつここから出られるのか…何もわからないままひたすら我慢するだけの日々。

貫太はよく水を飲むのですが、シェルターでは全ての犬に常に目が行き届いているわけではありません。何かの拍子に水をこぼしてしまったとしても、翌日まで気づいてもらえないことだってあったかもしれません。

怒り、不安、寂しさ、悲しさ… その気持ちをぶつける物さえシェルターにはないのです(危険防止のためおもちゃは与えていない)。

貫太はやり場のない怒りを自分の体に向ける事で何とか気持ちを保っていたのかもしれません。

人知れず…

だって、何ヶ月もボランティアに行っていますが、貫太があのような自傷行為をする姿を私は一度も見ていませんから。

シェルターにはストレスから怒りを他の犬や人に向けるコもいます。

でも、貫太は犬にも人にも決して攻撃性を見せませんでした。

怒りを外ではなく自分に向けるという優しさから自傷行為が行われているのだと思います。 

我が家に来て1ヶ月以上経ちましたが、未だに時々このような行為が見られます。

それだけ震災とシェルター生活のストレスが強かったと言うことでしょうか。

7日ブログ10.jpg 

貫太から過去の辛い記憶が消え、心の闇が晴れてくれるのを見守りたいと思っています。

7日ブログ11.jpg 

でも、こんな寝顔を見ていると、

そんな日は遠くない気がしてきます。

 

今日は出番のなかったミッチー。

7日ブログ12.jpg 

相変わらずこんな悪戯を… 

7日ブログ13.jpg[犬]え?してないよ。 

ウソつけ〜っ[ちっ(怒った顔)][あせあせ(飛び散る汗)] 

7日ブログ14.jpg [犬]知らん…

そんなミッチーの狼爪、 

7日ブログ15.jpg 

無事短くなりました〜[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)] 

 

↓ランキングに参加してます。コチラ[左斜め下]を一押しお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 


nice!(32)  コメント(43) 
共通テーマ:ペット

nice! 32

コメント 43

haru

貫太くん、小さな体でがんばってきたんですよね。
遠くないうちに、Michy家での貫太くんの中から
つらい記憶が薄れることを心から祈っています。
Michyさんご家族の貫太くんへのあたたかい目に
ポチを。
by haru (2011-12-07 20:39) 

栗ママ

貫太くんの自傷行為、心配ですね
でもMichy家の愛情でいっばいの毎日
何時の日かなくなる日が来るのではないのかと思います
我が家の預かりっの子もなかなか自分というものが出てくるまで時間がかかります
今いる杏'zはやっと少しお話が通じる様になりました。
5ヶ月います。
栗たんとの生活もお互いが本当に安心し始めたのは半年を過ぎたころかな~
と今振り返れば思います
元の飼い主さんと離れてしまい、シャルターに入れられ・・・・・・
悲しかったり、さびしかったり色々したと思います
そんな心の傷もMichy家の愛情とときとが解決してくれると思います
一日も早く、貫太くんの心の傷が癒えますように

by 栗ママ (2011-12-07 20:41) 

はなママ

Michyさんこんばんは。
貫ちゃんの動画、見させていただきました。
わたしは実際に貫ちゃんに会っていて
天真爛漫で人懐っこくて素直なヤンチャ坊主ね~と
思っていましたが・・・そうでしたか。
あんな切ない哀しい鳴き声をあげるんですね。
もうこれは時間と愛情だけがお薬のように思います。
Michyさんの愛情の処方は間違っていないのだから
きっと大丈夫ですよ。
ミッチーちゃんがね、とても心配してるのね。
涙が出ちゃったよ。
「人」という字はお互いを支え合っている形が字になったと
金八先生がいってたけど
「犬」という字は人と同じ部分があるよね。
だからワンコは人が好きで寄り添って支えてくれるよね。
そしてその支えられたものをそっくり人はワンコにもあげるんだよね。

貫ちゃん、大丈夫!
キミには家族ができたんだよ。
それもとびっきり大きな愛をもってる人たちだよ。
安心してね。
by はなママ (2011-12-07 20:43) 

ami

貫太君のあの寂しげなそして怯えているかの声、心配になります。
動画を見た限り 何か怖い体験を思い出しているのかなと
感じますが 思春期か?とも思えたり・・・。

Michy家の愛情で 少しずつ治まってくると思います。
by ami (2011-12-07 20:54) 

wakame

貫太くん。。。
哀しい声、いつもと違う表情、自分を咬む。
怖かった地震のあと飼い主と会えなくなって狭いケージ暮らし。
つらいことばかりだったんだね。きっと。
Michy家のみなさんの愛情と時間が救ってくれるんじゃないでしょうか。
犬も心があって人間と同じ。
貫太くんはやさしくて人が大好きだから絶対幸せになれますよ。
いつか傷が小さくなっていきます。
貫太くんをギューってしたいなー。
でもできないのでふじをギュってします。
by wakame (2011-12-07 21:17) 

Daniel Mama

ワンコは話せない分、見ている方が切なくなりますよね。私、犬の映画はあんまり見れないんです。大抵、犬が我慢して切ない状況になるでしょう?あれば駄目なんです。もっと酷いことってこの世で沢山あって、辛い目にあっている犬がいっぱいいると思うと見ていられなくなっちゃうんです。
貫太くんは、今は幸せいっぱい。はやく落ち着くといいですね☆
by Daniel Mama (2011-12-07 21:33) 

ポンママ

こんばんは。
貫太はいい仔、とってもいいこ
アメリカのカリスマドッグトレーナーのシーザーミラーは犬は今を生きる動物、過去は関係ない、飼い主の心配のエネルギーが犬に影響をおよぼす。と言います。貫太は幸せをつかんだラッキーな仔なんだから幸せ者なんだってこれからもっともっと幸せになるんだって心の底から思い込んで下さい。michyさんあんまり心配しないで 可哀想
って思わないで きっと大丈夫だから。だって貫太は希にみるいい仔だもん。

ミッチーも貫太も大大大好きなポンママでした。


by ポンママ (2011-12-07 21:43) 

うるる

お久しぶりです。といっても毎日拝見させていただいてますが^^;
貫太君の自傷行為見ていて切なくなりました。
本当につらかったのでしょうね。。。
その姿を見つめるミッチーちゃんの暖かさにうるうるです。
実は我が家も2頭目は里子です。(先住犬の方が眼を患ってます)
ブリーダーの放棄犬なんですが、体中傷だらけです。
我が家に来たばかりのころは大変でした。お散歩するにもカラーもさせてくれないし^^;触ろうとすると逃げる^^;
我が家に来て3年ですが今ではドッグスポーツをするまでに^^日々成長ですね。
貫太君。。。焦らず。ゆっくりとですよ。
ご家族の愛情に包まれて。。。

by うるる (2011-12-07 21:55) 

taearc

貫太くんは心に大きな傷を負っているんですね。
動画見て泣けちゃった・・・。

先日我が家の保護犬たんぽぽがストレスからか一週間震えまくり
ご飯も食べれず家の隅で丸くなっていました。
結局は車が変わったり模様替えをしたりした事に
たんぽぽがついて行けず『家の中が怖い!』と震える事になったようなのですが。
その時セカンドオピニオンとしてかかったお医者にトレーナーさんから
保護犬の心の傷についてお聞きしました。
保護犬は私達が知らない放浪時や収監されている間に
様々なストレスやトラウマ、心の傷を負っているそうです。
いつもは元気にしていてもふとした時にそれが出てしまったり
周りに変化についていけなくなったりして、震えや怯え自傷行為が
出たりするとの事でした。
でも、それを取り除く事は容易に出来る物ではなく
私達が『大丈夫だ!』『ここは安心だ』とそう思ってもらえるように
接してあげるしかないそうです。

いつもたんぽぽを洗いに行く所にも保護犬を迎えた
トレーナーさんがいてその方にも聞いてみました。
やはり保護犬には様々な心の傷があると言ってました。
そのトレーナーさんは心の傷を負った子にも色んな接し方があり
ヒーリング効果のある撫で方があると教えてもらいました。
触るか触らないかの触れ方が犬の神経を敏感にさせ
ストレスなどに良いとか・・・。
今度その講習を受けてこようと思っておりますので
受けてきたらまたお知らせしますね。

今日もドッグランへ行ったら保護犬を迎えたと仰る方と一緒になり
色々とお話しをしました。
その子もやはり問題行動があり、表情があまりないそうです。
(たんぽぽも人間への喜怒哀楽の表情が少ないです)
保護された子達が沢山いるって事はそれだけ心に傷覆った子が多いという事。
こんな悲しい事ってないですよね。
新しい家族から沢山の愛情を注いでもらって、笑顔溢れる
ワンコ達が一頭でも増える事を願って止みません。

貫太くんの自傷行為が一日でも早くなくなり、心から笑顔になる事を
遠くからですがいつも応援してますからねー!
by taearc (2011-12-07 22:04) 

いくこ

う〜ん・・・どうだろ?
自傷行為には見えなかったのですが・・・
と言うか、オスはけっこうガジガジしているから(^^;)
貫太君のこれが自傷行為だったら、クールもか?!と焦っちゃいました。
自傷行為だったら、もっとハゲハゲ、血が出てもやめません。
自分のシッポや手を噛みちぎっちゃったりと、すると思うのですよ。
もし、初期の自傷行為だとしたら、たぶん・・・「見るな」の訴えのような気もします。
ラティスなどで、完璧に貫太君だけの目隠しゾーンが必要かも?
急に自分に注目が集まったのも、不安に感じるものですよ。
少しずつ、少しずつ、家族になって行けると良いですね。

あと、お水!!
ナナちゃんも、知人宅に来た保護ワンコさんも、家に迎えた当初
ガバガバ飲んでました。
たいていストレスで、大量に飲み水を飲むようになるそうです。
でも2、3日でストレスが減っていけば、飲み水の量も減りますから大丈夫ですよ!!
ただ、何日たっても水分量が減らないようだったら、ちょこっと病気を疑って検査して下さいね。
実際、水分量が減らなかったコの中には、内臓疾患が見つかったコもいましたから!!
でも、たぶんストレスがなくなれば飲み水は減るように思うのですよ。
by いくこ (2011-12-07 22:39) 

gongon

貫太くんたくさん辛い思いをしてきたんでしょうね。
Michyさんに甘える寛太くんもっともっと甘えたいのかな。
ミッチーちゃんも貫太くんの近くで心配しているんですね。
ミッチー家の愛のパワーで寛太くん少しずつ治まるといいですね。
by gongon (2011-12-07 22:54) 

しばたん


ポチたまのだいすけ君が亡くなってしまって、ちょっとショックを受けていました。

コメント遅くなってしまいました。

これだけ貫太君の事を見ているママさんですから、貫太君も安心して、行動に出してると思います。
言葉に出して言ってしまえば楽ですが、大変だと思いますが、長くゆっくり共に過ごして下さいね。

私も、動物さん達の為に、ちょっと何かをしようと考え中です。
by しばたん (2011-12-07 23:19) 

ハママ

華もね・・・
唸り声と、鼻シワはないけど
自分の手足をカミカミ(ウチでは「食ってる」と言いますが^^;)します。
華の様子を見てると、ものすごくヒマだなーってカンジの時にしてるかなぁ・・・。

私は、そんな華の行為を「遊びのひとつ」として今までとらえていました。
人間の赤ちゃんも、生まれて初めてのおもちゃは
自分の手であり足ですものね。
でも、貫ちゃんが過ごしたシェルターでの生活の事を思うと
華と比較することはできませんよね。
けど、もし自傷行為だとしても、貫ちゃんはMichyさんちのコになって
十分に幸せだと思っているのは間違いなしです。
だって、Michyさんにあんなに甘えてるんだもん!
全国の貫ちゃんファンが応援してるよ~!!

by ハママ (2011-12-07 23:45) 

あずかぁたん

わんこは何が起こったかも理解できずにいるんですもんねぇ~。
でもМichyさん家のこになったんですもん!もう心配ありません。
でも時間は必要でしょうが・・・
ん~ん、でも私もそんなに酷くは無いような気もしますが・・・
確かに切ない声ですよねぇ~。ただあずきもあるんです。こういう手足のカミカミ、しっぽのカミカミ。心配なんです。このこは幸せでないのか?そんなにストレスがあるのか?躾教室の先生は、過度のストレス又は病的な行動など、見分けるのは本当に難しいといいます。
ただこの人懐っこさがあれば大丈夫と!貫太君のように体をすり寄せてなでなでを求めます。
貫太君もなでなで大好き!キバをむくこともないし。
いいこちゃんはいいこちゃん特有のストレスもあるのでしょうか?わんちゃんにもいい子にしていることでストレスを抱える子もいると言われました。
ただ今回の震災の被害犬は比べ物にならないのかもしれませんが。
でもどんなこも必ず愛情を持って接すれば大丈夫!
貫太君、ミッチーねえさんに見守られえ、Мichyさんパパさんに見守られ、
本当に幸せですから。
by あずかぁたん (2011-12-08 00:06) 

どんど

初めまして。
いつも楽しく拝見しています。
ポンママ様も書かれていることですが・・ご参考まで。

寛太君の様な「過去」のある子をレスキューすると、起こる事象に対して「被災してストレスをためていた」ことや「大変な苦労をしてきた」ことに想像が行くのが人間ですよね。「過去・未来」と現在を関連付けて考えるのが人間のようです。

アメリカのシーザー・ミラン(ドッグトレーナー)いわく、どの様な環境で育った犬でも「犬は今を生きている」そうです。過去に虐待されたり、攻撃的な経験のある犬などに対して人間が持つ、心配や不安・同情は、その犬にとってそれらはネガティブなエネルギーにしかならないとのこと(おそらく犬にとって漠然とした不安要素としか伝わらないのでしょう)。

寛太君の行動を常に気に留めておくことは必要ですが同情することなく、大きな温かい信頼できるリーダーシップを常に伝えていけば、きっと寛太君は安心して幸せを感じていくと思いますし、尾を追い回すことが続くようだとしても、その原因が被災したせいなのかは決めない方が良いかもしれません。

私も保護犬達のお世話の際、狭いケージで暮らす犬達に涙しそうになるのですが、過去・未来を考えずに常に毅然とした温かい態度を心掛け接しています。気のせいか犬達も落ち着くような気がします。

お体ご自愛ください☆
by どんど (2011-12-08 00:45) 

ぶう

私もポンママ様、どんど様のご意見に賛成です。
記録として残すのも大切だと思いますが、
心配はワンコに見せないで、こっそりと、ね。
じゃないと、ワンコの不安が増しますから…。
ワンコの前では明るいいつものMichyさんでいてくださいね。
by ぶう (2011-12-08 01:19) 

ka2

全ては原発から始まっているのかも。
Michyさんが普通に寛太君と出会い、飼い始めてのこの行動ならば、違った見方はできませんか?
ボランティアに行って、現状をたくさん見ているから、そう思ってしまうところもないですか。
寛太君はMichyさんと出会って、良かったって思っているはずですよ。
ただ、男の子ですから慣れてきたら、縄張り意識はしっかりと出してくるはずです。
Michyリーダーぶれないで。
by ka2 (2011-12-08 05:06) 

のろ

貫太くん、ちょっとおとぼけの素直な子と言うだけじゃ無かったのですね。
早く、過去の辛い経験が、Michy家の楽しい経験で上書きされて、幸せになれますように~。
by のろ (2011-12-08 07:09) 

さくらママ

声を上げられる人でさえ、怒りや苦しみ…悲しみを心の中に溜めこんでしまうのに、語ることの出来ない貫太君たちは、解ってもらえるであろう飼い主とも離れ離れになって、ぶつける所が無いんでしょうね。
17年経ってもフラッシュバックする震災の記憶、貫太君もふっと思い出すんでしょうね。
Michy家の愛情の中で、きっときっと自傷行為も減ってくると思います。
貫太君!絶対幸せになれるよ!安心してね!!
by さくらママ (2011-12-08 08:34) 

健斗の母

おはよー。
貫太の心の闇、あって当たり前だよね・・・
メールで話したけれど、
飼い主さんが半年ぶりに会いに行っても、
表情もなく感情も表さないことにショックを受けたって言ってたもん。
”保護されてる”けれど、悲しみや怒りや不安や、
いろんな思いがわんにゃんの心には渦巻いてると思う。
心を病んでしまう子がいてもしかたないよね・・・
でもね、貫太、今は大丈夫だよってなでてくれるMichyさんがいるんだよ。
もうキミは幸せ道をまっしぐらに進んで行けるから。
Michyさんの優しさが本当によくわかる記事だったよ。
ボランティアもありがとう。
貫太をかわいがってくれてありがとう!
by 健斗の母 (2011-12-08 09:01) 

もっちー

貫太くん、幸せそうな寝顔ですねえ。
Michyさんちの子になって安心しきっているようです。
もちろん、辛い経験をして、シェルターではたくさん我慢をしたから
心の闇のようなものはあるでしょうね・・・。
でもMichyさんパパさんがたくさん愛情を注いでいるのが
よくわかりますから・・・貫太くんもきっとそれを感じているはず。
動画の自傷行為のようなものですが、うちのミロも
似たようなことをほぼ毎日やります。奇声を上げながら
手足を噛んだり、時には尻尾の毛を噛みちぎってしまったり。
何かストレスがたまっててストレス解消をしているのかなと
思ってあまり気にしてなかったのですが・・・。
ミロも貫太くんもたぶん同じ3歳くらいとして・・・もちろん
トラウマもあるけどこの年齢特有の行動もあるのかなと思いました。
by もっちー (2011-12-08 09:44) 

テツの兄貴の家族

貫太くん、なんか、テツに似てるので、ずっと気になって見てます☆
確かに、いろんな、想像もできないほどの辛さ、悲しさを抱えて来たのだと思います。私は、テツとソラを1泊でも、他人のところへ預けることができません。それは、迎えにいく間中、捨てられたような不安にさせるのが嫌だから。貫太くんは、そんな不安を抱え、生きて行くのさえ困難だった日々を過ごしてきたんだもん、それは、簡単には忘れられないかもしれません。
でも、Michyさんに甘えてる貫太くんを見ていると、今は毎日毎日が、幸せになる1歩なんだなぁ、って思えました。
ワンコの自傷行為についてはよくわかりませんが、テツも、ストレスがたまってると、グルグル回って、本気でシッポを噛んだりしてます。バサッと毛が抜けたりするので、結構、本気モードみたいです。でも、その後はケロっとしてます。貫太くんも、血が出たりしていないのなら、上手にストレスを逃しているのかもしれないですね。
もっともっと幸せになれますよ、貫太くんも、ミッチーちゃんも、Michyさんも。楽しみにしてます♪
by テツの兄貴の家族 (2011-12-08 09:46) 

miw@

Michyさ~ん!
ボランティア頑張ってくれて本当にありがとう♪
寒くなるとボランティアさんの数が足りない冬枯れの日もあるよね。
もう少し。大変かもしれないけど・・・
寒さに強~い!私が参戦しますからね。
貫太君。
保護犬として数ヶ月にもわたる狭いゲージで耐え忍んで。
どれだけのショックを抱えているか・・・心の闇は想像に余りあるよね。
その期間と比べれば、Michy家の子になってまだまだ2ヶ月弱。
自傷行為といえばドキッとしちゃうけど、
見方によっては暇なのかもしれない。
あーくなんて、暇に任せて血が出るまで足を噛んでるよ。ぷっ。
あーくの場合。多分・・・ストレスでしょうね。
ステロイド服用中です。とほほ。

温かいMichy家の愛と時間が解決してくれると思います!


by miw@ (2011-12-08 09:54) 

桃次朗ママ

貫太くんの自傷行為については、私には、よく分かりませんが
捨てられたワンちゃんが、人間不信になっているってことを
よく聞きますよね。
学者や医者のいろんな説があるようですが・・・
貫太くんは、Michy家の末っ子。
ミッチーちゃんの弟。
愛情一杯受けて、明るく元気なやんちゃな子。
お姉ちゃん同様、ヘソ天が可愛い子。
Michyさん、あまり心配しないでください。
Michyさんが体調を崩されると
ミッチーちゃん・貫太くんそしてシェルターの子達が淋しがります。
今、貫太くんは、幸せですよ。

↑miw@さん、頑張っていますね。
あーく君の皮膚炎症、ちょっと心配。
「外用薬ステロイドの身体への影響は、心配ない。」と、NHKあさイチで
放送されていました。(対象は人間ですが、ワンコも一緒でしょう)


by 桃次朗ママ (2011-12-08 10:45) 

nee

こういう時、わんこが話せると安心するのにね。

犬は過去は関係ない、今を生きる。
これは私も聞いた事があります。
でも実際どうなんでしょうね。
7ヶ月の間に何があったのか分からないし、
私達は想像するしか出来ないんですよね。切ないです。

でも7ヶ月の悲しい時期を癒すのは
それと同じか、それ以上の時間が必要だと思います。
ミッチーちゃんもMichyさん達も寛太君もね。
あとは溢れるほどの愛情。これは問題なさそうですね。

余談ですが、ミッチーちゃんが心配そうに寛太君を
見てる(ような気がした)時、将来この二人は
同じ空間を共有するかもな、なんて思いました。

そして寛太君、私には何か文句を言ってるように
見えました。表に負の感情が出せるようになってきたのかな?なんて。
勝手な想像ですけどね。
by nee (2011-12-08 10:56) 

梅のハハ

michyさん、貫ちゃんに対して動じないリーダー、肝っ玉母さんでいて下さい。強いリーダーがいれば犬はとても気持ちが楽になるそうです。
ツマグロヒョウモンチョウを見つめる貫太の5枚の画像、ステキですねー、癒やされます。こんなにやさしくて、甘えん坊な仔、貫ちゃん本当にいとおしくてたまりません。
by 梅のハハ (2011-12-08 12:02) 

めぐまま

動画の最後の「幸せになっておくれ」に 涙が出ました。
貫太くんの心になにがあるのかは わからないけれど
でも 今は こんなに大きな愛情に包まれているのだから
きっと 大丈夫です!
お部屋の中から じっと 見ているミッチーちゃん、
ふたりは もう しっかり 姉弟ですね。
ミッチーちゃんの後ろ姿にも なんだか うるうるしてしまいました。

by めぐまま (2011-12-08 12:22) 

レモママ

ミッチーちゃんのお背中からとても優しい母性のようなものを感じました
ミッチーちゃん、優しい子ですね
そしてMichyさんご家族の温かい優しさの中で貫太くんとっても幸せな子だなあ・・と思います
7か月間、本当につらかったけど、でもたくさんの方の優しさにも触れることができたからこそ、今の笑顔があるのだと思います
レモンも、ペットショップで2か月以上買い手が見つからず、狭い空間で生活していたことがありました。母犬とは出産トラブルで産後早々に引き離されたという経緯もあって、うちに来たときはかなり性格の面で屈折していた子だったことを改めて思い出しました
貫太くんの笑顔を見ていると、ホント「大丈夫よ~」って思います
鳴き声が出せるということは快復のいい兆候なのかもしれないですよ~




by レモママ (2011-12-08 13:58) 

りん子

自傷行為…
こうして表現することもあるのですね。
今幸せに過ごしているから、少しづつ、この行為がなくなるといいですね。
見てて涙が出ます。
過去の記憶が、今穏やかな環境なのに出るってことに、やはり捨てたり、いじめたりと言うことをふさぎたいです。
貫太君、Michyさんに、もっともっと甘えて、もっともっと、気持ちぶつけてね♪
by りん子 (2011-12-08 14:28) 

かずたまゆき

男の子であると言う事、保護されていたと言う事など初めての事ばかりですからMichyさんも悩みや心配はつきないですよね。
貫太くんの泣き声やカミカミの様子を見ると切なくなりました。
でもその様子を心配そうに見ているミッチーちゃんや、Michyさんの「大丈夫だよ」と言う声、気持ちはしっかり貫太くんに伝わっていると思います!!これからもっともっと伝わっていくと思います!!
貫太くんに「お利口だね^^!大丈夫だよ^^!」って私も北海道から叫びます^^!!!
by かずたまゆき (2011-12-08 14:42) 

みぃにゃん

こんにちわ~。貫ちゃんはきっとロッキーと同い年くらいだね。
やんちゃ盛りなのに、シェルターでは十分かまってもらえないでしょうし、
狭いゲージにほとんど入ってたら人間だって、不安定になるとおもいますよ
 なんとなく一種の「うつ」っぽくなってるみたいな・・・・。
(定かではありませんよ!お医者さんではないので)
貫ちゃんが心のもやもやがとれるまで多少は時間かかるかもしれませんね。ミッチー家さんの愛で、少しづつ溶かしてあげてください。
あどけない顔で甘える姿は涙がでますね・・・・。
by みぃにゃん (2011-12-08 15:27) 

たろー母

Michyさんこんにちは!
多くの方々のコメントで言い尽くされて
いるようで・・・
ただ貫太君の心の闇は少しづつ
薄皮を剥ぐように薄らいでいく筈!
優しいmichy-papaさんが穏やかに
話し掛けMichyさんの愛情たっぷりの
言葉掛け・・・

そして何より1番多頭飼いが心配された
ミッチーちゃんが貫太君を心配そうに見つめる姿!
このお三方の大きな支えがあれば貫太君
必ずあんな日があったと笑い話になる日が
来る筈です。

by たろー母 (2011-12-08 15:46) 

こもしば

自傷行為、と聞いてとても心配になって読みました。
ただ最初は、うちのこももだって尻尾や脚を噛もうとするよ、
そんなに心配する事ないんじゃない?って思っちゃいました。
が、動画を拝見して。
噛もうとする行為よりも、その時の鳴き声が、辛いような悲しいような。

貫太くんのこの行為が本当のところ何なのかは分かりません。
気に留めておく事は大切だと思いますが、貫太くんの被災や保護といった境遇に
あまり拘りすぎないほうがよいのかも。
ワンコは人の心を敏感に感じ取りますからね。
日々、甘えて愛して愛されて暮らしていけば大丈夫。
今、貫太くんはそう出来る環境にいるのだから。
by こもしば (2011-12-08 17:38) 

sora to umi

震災で被災したのは、人間だけではないんですよね。ペットは人の心が分かりますから、ストレスも人と同じように感じていると思います。私たちには想像もつかない体験をしているのですから。

人は避難できたけれど、ペットは飼い主と避難できなかった現状。元の家族の所に戻ることができるのがベストですが、それも叶わないことも多いと思います。
貫太くんはとても優しい家族とめぐり合えたので、幸せに過ごすことができる日も遠くないと思いますよ。

ミッチーちゃん、Michyさん、父ちゃんさんで支えてあげてください。
by sora to umi (2011-12-08 19:56) 

もじ子

Michyさん、心配しすぎないで~!!
うちの犬も暇してると自分の手足食べようと(?)しますよ。
夫は「何か訴えてるに違いない」「ストレスだ」と大騒ぎしますが私はいっしょになってモグモグします。
でも自分でモグモグし過ぎて血だらけになって歩けなくなった柴わんこ(元保護犬でもない)知ってるのですが、そうなっても獣医さんにはエリカラ以外何も対策は無いみたい。
貫太くんはそこまででは無いので大丈夫じゃないかしら??

by もじ子 (2011-12-09 12:43) 

Michy

** ご訪問、コメント、ありがとうございます。 **

少し時間がかかるかもしれませんが、お返事を書かせていただきます。

*haruさんへ、
暖かいお言葉をありがとうございます。
若い貫太にとってシェルターでの生活はしんどかったと思います。
それでも餌と水、そして例え短くても毎日散歩に連れ出してもらっていたので生きてくることができたのです。
これからは我が家で安心して過ごして欲しいと思います。
時間をかければストレスから手足を噛むこともなくなるのではないかと思っています。

*栗ママさんへ、
今日ね〜、嬉しいお心遣いの物が届きました♪
ご心配、そして暖かいアドバイスとご支援、本当にありがとうございます。
私は保護犬を受け入れるのは初めてなので何もかもが手探り。
でも、時間をかけて貫太が心から安心して暮らせる環境を整えてやろうと思っています。
早速試してみますね♪
そして栗たんや杏'zちゃんのお話はとっても参考になりました。
先ずは長い目で見守っていこうと思います。
本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。

*はなママさんへ、
我が家でも遊んでもらったし、オフ会では抱っこまでしていただき、無事貫太も写真に納まることができました。
その節は本当にお世話になりました。
貫太のあの行動…最初は私も「あれ?変な遊び!」って思ったのですが、よくよく観察すると、とても遊んでいる目つきではないし、あの行為をする時はその前に必ず「ああ!」と思える、貫太にとってはストレスであろう事象があったの。
で、これは貫太なりのストレス対処法なんだなと思いました。
でも、我が家で心から安心して過ごせるようになれば減っていくと信じています。
それまで試行錯誤しながら貫太にとって過ごしやすい環境を整えてやろうって思っています。
ホント、犬も人も単独では生きていけませんからね…
夫とも協力して支え合っていきたいです。
暖かい応援、ありがとうございます。

*amiさんへ、
最初は「変な遊びをしている…」って思ったのですが、普通に遊んでいる時と目つきが違うんです。
そしてストレスを感じたであろう後に行っていることに気づきました。
でもね…余り心配はしていません。
貫太が過ごしてきたシェルターでの生活を思うと、あんな風にストレスに対処してきたことが納得できるから。
時間をかけて、貫太が心の底から安心して過ごせる環境を整えてきたいと思っています。
愛情だけはたっぷりありますから!大丈夫って私も思っていま〜す。

*wakameさんへ、
そうなんです。犬も心があるって思いますよね。
貫太にとってシェルターで過ごした7か月間はストレスの多い日々だったと思います。
それでも餌と水を与えられ、短くても毎日散歩に連れ出してもらえていたから生きて来れた…
その命を大事にし、これからは幸せに、安心して過ごせるよう夫とともに頑張って支えていこうと思っています。
健斗君とふじちゃんのデート(?)の様子、拝見しました。
来年は犬連れでオフ会ができたらいいですね。
そしたら貫太をぎゅ〜っとしてね♡ 

*Daniel Mamaさんへ、
こんばんは。コメントありがとうございます。
私も動物の映画は苦手です。泣けてしまうので…
一昨年はHACHIを見に行ってえらい目に遭いました(笑)。ハンカチが本当にぐしょぐしょになってしまって…
貫太は我が家の生活にも随分慣れ、元気に過ごしていますが、時々あのような行動が見られます。
よく観察していると、やはり貫太なりにストレスを感じた後するのです。
なので心の底から安心して過ごせる環境を整えてやろうと思っています。
そして焦らず、気長に見守っていきますね。
応援、ありがとうございました。

*ボンママさんへ、
こんばんは。
応援コメント、ありがとうございます。
貫太が7ヶ月間過ごしてきた環境を知っているので、あのような行動をしてしまうことに納得しています。
そして余り心配はしていないの。
きっと少しずつ減ってきて、そのうちストレスを感じたとしてもあのような事はしなくなるんじゃないかな…って。
私が焦ったりすることが一番良くないですよね。
気長に見守りたいと思います。

*うるるさんへ、
コメント、ありがとうございます、こんばんは。
いつもご訪問いただき、嬉しいです。
貫太がシェルターで過ごしてきた環境を知っているだけに、あのような自傷行為が見られたとしても不思議じゃないって思っています。
でも、今は我が家の生活にも随分慣れてきた様子なので少しずつ減っていくのではないかって思います。
うるるさんの2頭目のワンコさんのお話、とても勇気づけられました。
そうですよね…何ごともすぐに上手くはいきませんよね。
愛情だけはたっぷり与えてやれるので、後は焦らず、気長に、見守っていこうと思います。
応援、心から感謝です。ありがとうございました。

by Michy (2011-12-10 23:14) 

Michy

** お返事が遅くてすいませ〜ん! **

*taearcさんへ、
こんばんは〜。
貴重な情報を色々ありがとう。
たんぽぽちゃんも少しパニックのような状態になっていましたね。
確かに貫太も「慣れない事」、「今までと違う事」が起きたとき
ストレスを感じているようです。
で、不安な気持ちから手足を噛もうとするみたい。
犬だから理由はわからなくても、漠然と不安になってしまうので
しょうね。
安心感を与えられる撫で方とか…とっても興味があります。
また色々教えてね。
たんぽぽちゃんも、他の元保護犬も、貫太も、今は、そして
これからは幸せな犬としての生活が続くのですから、いつか
心穏やかに暮らせる日がくるでしょう。
我が家も温かく見守っていきますね。
本当にありがとう。とても参考になりました。

*いくこさんへ、
こんばんは。
お返事が大変遅くなりました。
貫太の事、、ご心配いただきありがとうございました。
私も最初は「変な遊び!」って思ったのですが、行動を観察
していると単なる遊びではないと思うに至りました。
ビビリな犬なので本当に痛いことはしないし、このようなストレス
対処法を身につけたとしても不思議はないので、それほど心配は
していません。
ただ、今後少しずつでもこのような行動が減ってくれたらいいと
思うので、安心して過ごせるよう暖かく見守っていこうと思って
います。
メスに比べて「オスは飲むわよ〜!」と言うお話はワンコ友達
さんからよく聞いていました。
確かにオシッコの量&回数がメスより多いみたいですからね。
引き取ってすぐに一応健康チェックをしてもらったので、こち
らもそれほど心配していません。
色々アドバイスありがとうございました。

*ディアさん、ご訪問ありがとうございました。

*gongonさんへ、
こんばんは。
お返事、大変遅くなりました。
若い貫太にとって、突然飼い主と別れて人のいなくなった街を
彷徨い、無事保護されたと思ったら不自由なシェルター生活…
ストレスはあったと思います。
それでも毎日餌と水を与えられ、短いけど散歩にも連れ出して
もらっていたから生きて来られた。
そんな命を私たちでこれからは守っていこうと思っています。
自傷行為も貫太なりのストレス解消法だと思うの。
だから、心から安心して過ごせるようになったら減っていくん
じゃないかな。
それまで温かく見守っていこうと思っています。
応援、ありがとうございます。

*nikiさん、ご訪問ありがとうございました。

*kuro0301さん、ご訪問ありがとうございました。

*いそいそさん、ご訪問ありがとうございました。

*しばたんさんへ、
こんばんは。
すっかりお返事が遅くなってしまいました。
だいすけ君のこと、私も驚きました。まだ6歳くらいでしたよね。
大型犬は(大型犬じゃなくても)腸捻転、胃捻転を起こすと、
すぐに手術しないとかなり危ないって獣医さんから聞いていました。
ロケ等で対応が少し遅れたのかしら?
本当に可哀想でしたね。
貫太の行為に関しては、ある意味「当然かな…」なんて思って
います。
その上で、少しずつ減っていくよう、貫太が心から安心して
過ごせるよう愛情はたっぷり与えていくつもり。
ご心配、ありがとうございました。頑張りますね。

*ハママさんへ、
こんばんは。
お返事、大変遅くなりました。
私も最初に貫太が手足を噛もうとするのを見たとき「変な遊び!」
って思ったの。
でもね…よく観察していると、ストレスを感じたであろう後に
行うし、顔つき、目つきがどうみても「遊び」じゃないの。
貫太が過ごしてきたシェルターの環境を知っているので、貫太が
このような方法でストレスに対処していたんじゃないかって
思えて仕方ありません。
でも、時間をかければ減っていくと信じているので、実は余り
心配もしていません。
貫太が心から安心して過ごせるようになったらなくなるかな…
ってね。
ご心配と応援、ありがとうございました。
私自身、貫太を温かく見守っていこうと思います。

by Michy (2011-12-12 01:45) 

Michy

** お返事、大変遅くなりました。 **

*あずかぁたんさんへ、
こんばんは。お返事、遅くなりました。
貫太の事、ご心配ありがとうございます。
震災のストレスと言うより、貫太にとって辛かったのは7ヶ月間の
シェルター生活だと思うのです。
餌と水は与えられていたものの、若い貫太にとって1日1回の
短い散歩ではストレスがたまったことでしょう。
それであのような手足を噛む行動で対処していたんじゃないかと…
ま、本当のところはわかりませんけどね。
でも、時間はかかってもいずれなくなると信じています。
それまで気長に、温かく見守っていくしかないなって。
あずきちゃんにも時々こんな行動が見られるのですね。
原因はわからないかもしれませんが、愛情をもってせっしていれば
お互い大丈夫だと思います。

*どんどさんへ、
こんばんは。
コメントをありがとうございます。
お返事が遅くなって失礼しました。
私も貫太が地震のことを思い出して辛い気持ちになっているとは
思いません。
そういう意味では「今を生きている」という考えには納得できます。
ただ、貫太が7ヶ月間過ごしてきたシェルターの様子を知っている
ので、この間、貫太がストレスを感じていただろうなとは思って
います。
そしてそのストレスへの対処法として自分の手足を噛むことを
覚えたのではないか…そんな気がしているのです。
ただ、だからと言ってそれほど心配はしておらず、「ま、そういう
ことをするのも当然かな」って思っています。
そして、時間はかかっても、貫太が心から安心して我が家で過ごせる
ようになったら自然となくなっていくだろうと…
そんな日も遠くないだろうとも思っています。
ご心配、そしてアドバイスをありがとうございました。

*ぶうさんへ、
あはは。相変わらず動画に撮っています。
でも、私自身そんなに心配はしていませんよ〜。
「しなくなればいいな…」とは思いますが、「そういう行為をした
としても当然かな」って思っているので。
貫太の場合はいいのですが、「心配は犬に見せないで」と良く聞き
ますが、どうにも私には無理みたいです。
ミッチーの目の状態が悪かった時は、わかっていても心配してし
まうし、それを隠せるほど私は強くありませんでした。
ダメな飼い主だし、修行が全くなっていませんね。
だからミッチーにも貫太にもとにかく元気でいて欲しいです。
それだけが願いかな。

*mamaluさん、ご訪問ありがとうございました。

*あいか5drrさん、ご訪問ありがとうございました。

*ka2さんへ、
こんばんは。
お返事が遅くなって失礼しました。
貫太を迎えるずっと前に、私がボランティアに行っている事を
知ったミッチーのかかりつけの獣医さんに言われたことがあった
のです。「シェルターでの生活は犬にとって生き地獄。もしか
したら福島で放されていた方が幸せかも…」って。
確かに「そうかも…」って思える点もあるんです。
だから貫太がシェルターで過ごした7か月の間にストレスへの
対処としてあのような行動を覚えたとしても不思議じゃない気が
しています。
ま、本当のところは誰にもわかりませんけどね。
ただ、それほど心配もしていなくて、貫太が心から安心して
我が家で過ごせるようになったら自然に減っていくと信じてい
ます。
そしてそんな日も遠くないのでは…と。
ご心配、アドバイスありがとうございました。

*のろさんへ、
こんばんは。お返事、大変遅くなりました。
基本的には貫太は柴犬のオスとしては素直で優しいコだと思い
ます。
甘えん坊だし…
ただ、シェルターで過ごした7か月間は犬にとってはかなりの
ストレスだったと思うのです。
だから、貫太が心から安心して我が家で過ごせるようになったら
あのような行動は減るんじゃないか…と信じています。
ご心配と応援、ありがとうございました。

*さくらママさんへ、
お返事、大変遅くなりました。
貫太が7ヶ月もの長い間過ごしてきたシェルターの様子を知って
いるだけに、貫太が抱えていたストレスは想像できるのです。
そしてそのストレスへの対処方法として自分の手足を噛もう
としていたのではないかと思っています。
ただ、私自身はそれほど心配していなくて、貫太が安心して我が家
で過ごせるようになったら減っていくと信じています。
応援、本当にありがとうございます。
頑張りますね。

*健斗の母さんへ、
こんばんは。お返事遅くなってゴメンよ〜。
色んな考え方、意見があるけどね…
私は貫太が7ヶ月もの間過ごしてきたシェルターの様子を知って
いるから、その間のストレスはかなりのものだったと思うの。
健斗の母さんが平塚で会ったご夫婦のワンコたちも、自分の
力ではどうにもならないストレスを抱えて無表情になっちゃった
んじゃないかな。
シェルターでは何とか生かしてあげているけど、犬にとっては
辛い日々だと思う。
貫太もそんなストレスを何とか紛らわそうとして自分の手足を
噛もうとしていたんじゃないかな。
でも、ヤツはビビリ犬だから実際には噛めない(笑)。
それは良かったと思う。
貫太を観察していると、「あ、今ちょっとイラっとしたかな?」
と思える事の後にああいう行為をするの。
外に向けられない怒りを自分に向けるんだと思う。
だけど、そんなに心配はしていないんだ。
貫太が心から安心して我が家で過ごせるようになったら自然と減っ
ていくと信じているからね。
そして、時々どうしようもなく無力感に襲われるボランティアだ
けど、それでもケージをお掃除したり、短い時間でもお散歩に
連れ出してあげることは、何もしてあげないよりいいって割り切っ
て取り組もうと思う。
今はこうするしかないんだもん。雪が降るような福島で食べるもの
もなく彷徨うよりはマシと思ってね。
明るい気持ちで頑張るね!

*もっちーさんへ、
お返事大変遅くなりました。こんばんは。
は〜い、毎晩貫太はヘソ天になって、気持ち良さそうにぐっすり
寝ています。
そんな姿を見ると私も安心します。
貫太が奇声をあげて手足を噛もうとする行為…
私も最初は「変な遊び!」って思ったのですが、目つきがとても
遊んでいるとは思えないのです。
そしてよく観察していると、ストレスを感じたと思われる後に
あのような行動がみられます。
でも、私はそれほど心配はしていません。
シェルターで貫太が過ごした7ヶ月を思うと、あのような方法で
ストレスに対応していたとしても不思議じゃないから。
そして心から安心して我が家で過ごせるようになったら減っていく
と信じています。
ご心配、そしてミロちゃんの情報をありがとうございました。
温かい目で見守っていこうと思います。

by Michy (2011-12-12 22:17) 

Michy

** 遅くなりましたが、お返事の続きです。 **

*テツの兄貴の家族さんへ、
こんばんは。
お返事大変遅くなり、失礼しました。
うん、私も思いました!貫太はテツ君のお顔に似ているって。
白い麻呂眉が大きめなところが似ているのかな?
テツ君とソラちゃんを預けて泊まりに行けないお気持ち、よく
わかります。
私もミッチーにはそれができません。
ま、何度か入院はさせちゃいましたけど(笑)。
一方、貫太はこれまでシェルター生活が長かったので、1泊
くらい大丈夫か?!って先日預けちゃいました(爆)。
でも、今はできることなら泊まる時は2匹を連れて行きたいです。
貫太も我が家に来てはや2ヶ月近くになります。だいぶ慣れてき
たみたい。
辛かった飼い主との別れやシェルター生活を思い出す事がある
かどうかはわかりませんが、ストレスへの対処法として自分の
手足を噛む真似を覚えたのではないかと思っています。
それも少しずつ減ってくれることを信じているので、今は余り
心配はしていません。
テツ君とソラちゃんのように親子ではないので、2匹のように
仲良く過ごせるかどうかはわかりませんが、時間をかけて共存
できるようになればと願っています。
温かいお言葉をありがとうございました。
頑張りますね。

*miw@さんへ、
いやいや…お返事がこんなに遅くなっちまった(汗)。
miw@さんほど忙しくないんだけど、なんやかんややっている
うちに夜になり、夕食の後片付けを終えると睡魔が襲ってくる
のよ〜(笑)。年かな??
風邪だったって?!熱があっても出社とは…本当にお疲れ様
です。あとひと頑張りってところかしら?
とにかく休める時にはしっかり休んで、元気に冬休みを迎え
てね。
あのシェルターで若い貫太が7ヶ月も過ごしたのだから、それ
はストレスあったよね。
で、唯一のはけ口が自分の手足だったのかも。でも、実際に
ガブッと噛まないところがビビリ犬なんだよね(笑)。
余り心配はしていないの。いずれやらなくなるだろうって思う
し、やったとしてもその行為自体は理解できる気がするから。
それよりmiw@家はご主人の次にmiw@さんが風邪。
あーく君も快方に向かっているとは言えステロイド服用中。
くれぐれも皆様ご自愛ください。
ボランティアは波があるけど、何とかなるからね!
無理しないでね。

*桃次朗ママさんへ、
本当にお返事が遅くなって申し訳ありません。こんばんは。
犬の自傷行為については、諸説あるみたいですが、一部には
やはりストレスが原因って考えられいるみたいです。
貫太を観察していると何かを「我慢」しなきゃいけない時、
ああやって自分の手足を噛む真似をしています。
そうすることでシェルターでのストレスを紛らしてきたの
かな?って思うのです。
でも、余り心配はしていません。
だとしたら納得できるし、これから心から安心して我が家で
過ごせるようになったら徐々に減っていくと思うので。
miw@さんは只今忙しさのピークみたいです。
風邪までひいちゃって大変そうですが、これが終われば楽しい
冬休み。
ゆっくりあーく君とも過ごせると思います。
桃次朗君&ママさんも元気で寒い冬を乗り越えてください。

*neeさんへ、
お返事大変遅くなりました。
こんばんは。
私も犬は過去を思い出して嘆いたり、将来を想像して悲観した
り、そんなことはしないと思うの。
そういう意味では「今を生きている」のでしょう。
でも、過去に受けたストレスが今でも影響を及ぼすってことは
あると思う。
若い貫太が狭いケージで過ごした7ヶ月間はストレスがいっぱい
だったはず。
そのストレスのはけ口として自分の手足を噛む真似をしていた
のだと想像しています。
でもね、心配はしていません。もしそうだとしたら納得できるし、
これから少しずつ減っていくと信じているから。
いずれにしても私が出来る事は精一杯愛してやる事。
ミッチーはどうなのかなぁ?
受け入れているのか、まだ微妙な感じ。
これも焦らず、時間をかけて慣らして行きたいです。
neeさんがおっしゃるように、将来一緒のリビングで2匹が過ごせ
たら嬉しい!
うん、私も貫太が素直に自分の感情を表に出すのはいいことだと
思っています。
シェルターではじっと自分を押し殺していたようなところがある
からね。
色々励ましのコメントをありがとうございました。嬉しかったです。

*梅のハハさんへ、
お返事が大変遅くなりました。
はい、肝っ玉母さんでいるように頑張ります。
実はね…ミッチーに対してもそうでしたが、すご〜く甘い面が
あるのは事実だけど、一方でとっても怖いの、私(笑)。
怒る時はしっかり怒ったりもします。
犬たちから信頼されるリーダーになれるよう頑張りますね。
あ、蝶の名前をご存知でしたか?
私は分からなかったのですが、蝶を見つめる貫太が優し気で
思わず写真を撮りました。
2匹とも大事に、大事に育てていこうと思っています。

*qoomamaさん、ご訪問ありがとうございました。
 
*渡り鳥さん、ご訪問ありがとうございました。

*華桜子さん、ご訪問ありがとうございました。

*パフィーのおくすりさん、ご訪問ありがとうございました。

*chiichanさん、ご訪問ありがとうございました。

*ピーチャマさん、ご訪問ありがとうございました。

by Michy (2011-12-14 22:25) 

Michy

** お返事が遅くなった事、重ね重ねお詫び致します。 **

*めぐままさんへ、
すっかりお返事が滞っておりました。ゴメンなさいね。
犬が過去の経験をどこまで記憶しているかわかりませんが、
震災よりも7ヶ月に及ぶシェルター生活でのストレスが大きか
ったんじゃないかと想像しています。
若い柴犬ですからね、短い散歩はきつかったでしょう。
そんなストレスへの対処法としてあのような行為を覚えたの
かなぁって思っているの。
でも、これからは少しずつ減っていくと信じています。
ミッチーはまだ貫太を受け入れたわけじゃないけど、自分の
生活の邪魔にならなきゃいいって思っているみたい。
今後一緒に家の中で過ごせるといいんだけど…
ま、それも焦らず時間をかけて様子をみていきますね。
温かい応援に心から感謝します。

*レモママさんへ、
お返事、大変遅くなりました。
あはは。ミッチーが優しいかどうかはまだわからないの〜。
今でも時々貫太を脅すのよ(笑)。
だからガラス越し、網戸越しの対面です。
時間をかけて、焦らず2匹の距離が近づくよう見守るしかない
と思っています。
口で説明しても通じないからねぇ…
レモンちゃん、そうだったの…子犬時代だったのに寂しい
思いをしていたのね。
やはり当初はそういう影響が少しは出るんですね。
でも、逆に安心しました。
レモママさんの愛情によってそういうトラウマは消え去り、
元気で明るいワンコになるんですよね!
貫太も心から安心して我が家で過ごせるようになったら、少し
くらいストレスを感じてもあのような行為はしなくなると信じ
ています。
確かに自分の感情を素直に出せるのはいい方向に向かっている
気もします。
勇気が出てきました〜!
温かい応援、ありがとうございました。

*りん子さんへ、
貫太が過去の記憶をどこまで残しているかわかりませんが、
シェルターで過ごした7か月間はかなりのストレスだったと
思います。
若い柴犬のオスが1日1回の短い散歩ではねぇ…
そのストレスをあのような方法で処理していたのかな…なんて
想像しているのです。
でも、りん子さんがおっしゃるように、これから私たち夫婦に
思いっきり甘えて、安心して我が家で過ごせるって心から思う
ようになったらあのような行為はしなくなると私も信じてい
ます。
応援、本当に嬉しいです。
ありがとうございました。

*かずたまゆきさんへ、
お返事、大変遅くなりました。
そうなんですヨ〜。子供の頃から犬は家にいましたが、思い返せ
ば全てメス。
もちろん保護犬ではありませんでした。
なので柴男子の元気さとやんちゃさに少々驚きました(笑)。
大人しい犬と思って引き取ったしね(爆)。
貫太にとってシェルターで過ごした7ヶ月間はかなりのストレス
だったと思うのです。
餌や水は十分与えられていたけど、若いオスが1日1回の短い
散歩ではねぇ…
なのでそのストレス解消のためにあのような行為を覚えたのか
なぁなんて想像しています。
でも、かずたまゆきさんの応援もきっと届いているし、我が家で
安心して過ごせるって心から思うようになったら自然と減ってい
くと信じています。
応援、本当にありがとうございます。
そして、お大事に〜!!

*みぃにゃんさんへ、
お返事、大変遅くなりました。
そしてなかなかお邪魔も出来ずに失礼しています。
そうなんです。貫太は多分2歳くらい。
元気盛り、やんちゃ盛りなのに、狭いシェルターでの7ヶ月に
及ぶ生活はかなり辛かったと思うの。
餌や水は十分与えられていたけど、若いオスが1日1回の短い
散歩じゃねぇ…
なのでそんなストレスを紛らわすためにあのような行為を覚えた
んじゃないかと想像しています。
でもね、みぃにゃんさんがおっしゃるように、私たちの愛情で
心の傷を少しずつ癒して、溶かして、貫太が心から安心して
過ごせるようになったらあのような行為は自然となくなると
信じています。
温かい応援メッセージ、本当にありがとうございました。
焦らず見守っていきます。

by Michy (2011-12-15 17:28) 

Michy

*たろー母さんへ、
お返事がこんなに遅くなってしまいました(汗)。
貫太が過去の記憶をどの程度残しているかは不明ですが、
シェルターで過ごした7か月はかなりのストレスだったと
思います。
若い柴犬のオスが、餌と水は十分与えられているとはいえ、
1日1回の短い散歩ではさぞや辛かっただろうと…
そんなストレスへの対処としてあのような行為を覚えたと
想像しています。
でも、これから我が家で心から安心して過ごせるようになれ
ば自然に減っていくと信じています。
ご心配本当にありがとうございます。
ミッチーはまだ貫太を受け入れたとまでは言えないようです。
時々脅していますし、気に入らない顔をすることがあります。
これは時間をかけて2匹の距離が縮まるのを見守るしかない
ようですね。
おっしゃるように、いつか「あんな日もあったよね〜」って
笑って思い出せる日が来る事を願って…
焦らず待ちます。

*こもしばさんへ、
お返事大変遅くなりました。
多頭飼いの先輩であり、保護犬を引き取られたこもしばさんの
お言葉は説得力があります。
そうですか…こももちゃんも噛むような仕草がありましたか?
私は貫太が7ヶ月を過ごしたシェルターの様子を知っているので、
その間のストレスが大きかったのではないかと思っています。
若い柴犬のオスにとって、1日1回の短い散歩だけという生活
は辛かったのではないかと…
で、そのストレスを紛らわす手段としてあのような行為を覚え
たのだろうと想像しています。
でも、貫太が心から安心して我が家で過ごせるようになったら
自然と減っていくと信じています。
今も何かを我慢しなきゃいけない場面ではあの行為をするの
ですが、心なしか短く、軽くなってきたみたいです。
焦らず、温かく見守ってやることにします。
アドバイス、ありがとうございました。

*sora to umiさんへ、
お返事がかなり遅くなってしまい、失礼しました。
地震の恐怖より、突然愛する家族がいなくなり、狭く不自由な
シェルター生活を強いられたことのショックが大きかったのでは
ないかと想像しています。
若い貫太にとって、餌と水は十分与えられていても、1日1回の
短い散歩だけの日々はかなりストレスだったろうと…
で、そのストレスを紛らわすためにあのような行為を覚えたの
だと思っています。
でも、これからはたっぷりの散歩と私たちの愛情を与えてやれる
ので、自然に減っていくと信じています。
ミッチーはまだまだストレスの元のようですが(笑)。
励ましと応援、ありがとうございます。
ミッチーも貫太も両方幸せにできるよう頑張ります。

*もじ子さんへ、
お返事がこんなに遅くなってしまい、失礼しました。
貫太を観察していると、今は何かを我慢しなきゃいけない時に
あの行為が出ます。
ビビリ犬なので、実際に噛むのではなく、ギリギリのところで
止めているみたい(笑)。
震災のストレスと言うより、その後7ヶ月過ごしたシェルター
生活が辛かったのではないかと思っています。
若い柴犬のオスですから、1日1回の短い散歩ではストレスが
たまったことでしょう。
その気持ちを紛らわすためにあのような行為を覚えたのかな〜
なんて想像しています。
でも、これからはたっぷりのお散歩と私たちの愛情を与えて
やれるので、自然にしなくなると信じています。
心配し過ぎるのが良くないですもんね。
ミッチーも貫太も両方幸せにできるよう頑張ります!

*メグちゃんさん、ご訪問ありがとうございました。

*ぽちこさん、ご訪問ありがとうございました。

*うそっきーさん、ご訪問ありがとうございました。

*bitさん、ご訪問ありがとうございました。

*うさこさん、ご訪問ありがとうございました。

*ももママさん、ご訪問ありがとうございました。

*yannさん、ご訪問ありがとうございました。

*なぎ猫さん、ご訪問ありがとうございました。

*えみまろさん、ご訪問ありがとうございました。

*kaorimaxさん、ご訪問ありがとうございました。

*吟遊詩人41さん、ご訪問ありがとうございました。


皆様、温かいコメントやアドバイス、応援をありがとうござい
ました。

ミッチーと貫太の両方を大事に、幸せにできるよう夫と二人で
これからも頑張っていきます。

by Michy (2011-12-15 18:51) 

お名前(必須)

コメント
by お名前(必須) (2013-10-11 20:55) 

もも

保健所で殺処分(このいい方も好みませんが。。。)寸前のダックスを引き取りました。10歳ですが、色々な家をたらい回し、最後の家ではご飯以外は口輪で少しでも吠えようものなら殴る蹴るだったみたいでした。私は児童相談所に勤めてますが、初めてこのワンちゃんを見た時、虐待された子どもたちと同じ目をしていました。写真を見てすく引き取りを決めました。かんたくん同様に優しい子です。すでにらいるうさぎにも優しいです。スリスリ寄ってきて遠慮がちに膝に乗って。でも目を話すと自分のお尻や足を無我夢中で噛んでいます。何もない空中にむかって歯をむきだし吠えたりします。この子の過去のトラウマが今もなお苦しめてると思うとかわいそうで涙がでます。でもここを見て勇気をもらえました。余生は10年分の愛情を誠心誠意注ぎたいと思いますを
by もも (2014-06-06 00:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。